老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録

恋愛相談

あの人は私のことをどう思っているのかしら? 先方の気持ちが知りたい。

何か気持ちの行き違いに悩んだり、恋しい人のことを思っても相手の気持ちがわからない、というようなとき。とくに道ならぬ恋に踏み込んでしまったようなときは、その状況だけで燃え上がるものですが、相手の気持ちをはっきり知らないことには自分だけの一人芝居になってしまいます。人の気持ちは思うようには動かせませんし、はたから見れば自分が騙されている、ということもあるかもしれません。

とある家庭のある40代の女性のことです。彼女には高校生の息子と中学生の娘がいるのですが、ふとしたことで出会った男性と一度だけ過ちを犯してしまいました。二人の出会いは、14歳の娘の障害のことで悩んだ彼女が訪れた地元の障害者センターでした。相談をしているうちに、彼女は誘われるまま、深い中になってしまったのです。

それは一回限りで、相手の男性にまた誘われたときは罪悪感から断りました。しかし、毎晩、彼とのことを思って悶々としている自分をもてあまし、家の中のこともできなくなってしまったのです。夫に言い出せないまま、鬱のような状態になりました。

思い余って相談したところが占い師の先生でした。こういうことは相談する相手の経験もものをいうので、下手に友人や近親者に相談して言いふらされるより、洞察力に優れた占い師がいいのかもしれません。彼女はそこで、この状況を冷静に見ることができ、目が覚めたのです。

また、ある人は、7年間不倫を続けた末、もう別れたいが自分も依存していて別れられない。どうにもならない泥沼にはまってしまった。これからどうすればいいのだろう? 悩みに悩んだ末、やはり占い師に相談し、心の平安を得ました。


>> 老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録 <<

探し物

探し物って、一生懸命探しているときには見つかりませんよね。

私は、じつは去年の秋、東欧プラハ旅行から帰ってきた翌日、向こうで買ったコインがないことに気がつきました。スーツケースもバッグもポシェットも、コートやカーディガンのポケットも、何度も見ましたが、いくら探しても見当たりません。落としたはずはなく、どこかにあるはずなんですが、どうしても見つからないので、知らない間に盗まれたのかとがっかり。それにしても腑に落ちないので、占い師に相談しました。すると・・・「その探し物は外国からあなたにご縁があってやってきたもので、落としても盗まれてもいない、あなたの家の中にある」ということでした。でも、見つけることができなかった。占い師なんて、適当なことをいうんだな、と思って、そのときは諦めました。

ところが、この間、久しぶりにそのポシェットを使うことになって、中身を確認したら・・・あったんです、外ポケットに! 私は確かにそこを何度も見たはずなのに??? まあ、これは、自分がアルツになってる証拠かもしれないのですが(笑)とにかく、あの占い師さんのいうことは当たっていた、と思って、今更ながら感心しました。


>> 老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録 <<

開運のための占い

自分でわからないとき、悩んでいるときに、何か霊能ある第三者に占ってもらうことはとてもいいことだと思います。今袋小路に入ってにっちもさっちもいかない自分の意識をとにかく少しでも前に進ませてくれるという意味では。私の場合は、そのコインがないことが気になって執着していたところから、占い師さんに相談して「家の中にある」って言われたけど、「ないじゃん!」と思い切って、そこから別のところに行けました。それだけでも、電話相談して良かったと思います。

開運のためには、ものへの、あるいは人への、あるいは現場への執着心は捨てなければなりません。未来に足を踏み出すことで運が開けるものだと思うからです。自分がその一歩を踏み出せないのなら、占い師という、私たちとは別の空間を見通す力のあるの方に背中を押してもらうのも、開運への一つの手だと思うのです。


>> 老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録 <<
© 2018 開運 2018 rss